有耶無耶政治の行く末【おやじのつぶやき】

6月15日の朝、注目されていた共謀罪であるが徹夜の末、成立された。
やはりか、といった結果だ。国民への理解よりも会期内を優先するという
もはや国民を置き去りにした国会運営である。
議論よりも会期内に収めるなどというのは、
安全性よりも納期を優先する手抜き工事に等しいのではないだろうか。

共謀罪の内容もうやむやにすることで、都合の良い解釈をするのではないかと危惧している。
今までの運営を見ているとそう感じてしまう。
安全保障関連法案・TPP協定・原発再稼働・秘密保護法・年金制度改革法・IR整備推進法・・
それらの法案が物語っている。それ以外にも、国連の議員の発言を都合の良い解釈をしたり
うやむやとなった森友学園。
加計学園問題では、当初出回った文書は怪文書だ。などと言い放った官房長官だが
会期末になってからやはり文書は存在した。はこのまま国会が閉会し、
うやむやにして国民が忘れるだろうとでも思っているのだろうか。
国民は欺かれ続けるとでも思っているのだろうか。

この先、7月に東京都議会議員選挙が控えている為
政府はこの問題をうやむやにしたいのだろうが、国民を無視し続けた結果がどうなるのか。
東京は2020のオリンピックが多く有権者の注目になるのだろう。
欧州や中東で悲惨なテロが起こっているので、安心安全が気になるところだろう。
都議会自民党は共謀罪をそういったテロ防止につながるとした都合のいい所だけを
選挙活動でつかうのではないだろうか。
選挙の行く末に注目したい。

都議会議員選挙は前回は投票率45.5%となっていた。
今回はどれくらいになるのかで、国民が関心を持っているのかが分かるだろう。
来年、2018年には第48回衆議院総選挙が控えている。
我々国民が政治についての声を届けられるのは選挙なのである。
分からない・関心がないからといって投票に行かないのであれば
組織票を持つ側のなるがままになってしまうのである。
自分には関係がないと思い、投票をしなければ何も声は届かないのである。
反対と声を上げても届かないのである。

有権者一人一人はもっと関心を持ち勇気ある投票を行ってほしいと願っている。
一人一人が足を運ぶことで結果は変わってくるはずである。
来年の総選挙時には今までの政治をよく踏まえて是非、投票へ足を運び
自分たちの声として投票を行ってほしい。
一党独裁が続くとどのようなことが起きるか考えてほしい。
政治の在り方を決めるのは一人一人の有権者なのである。


第6回日本酒の会 ~発泡清酒を楽しむ『はじけるイタリア美人』~


【女性限定40名様】
日  時/2017年7月4日(火) 18:00~20:00
開催場所/イタリアン チルコ
     札幌市中央区北4条西2丁目TRビル3F
募集要項/先着40様限定(女性及び女性同伴の男性(男性のみは不可))
会  費/5,800円(税込)
※お支払方法:当日現金にてお支払いただきます。
尚、前日(7月3日)午後1:00以降のキャンセルはキャンセル料が発生いたします事をご了承願います。

今回は、イタリアンで人気のチルコ様に
一ノ蔵酒造の渡辺氏を招き、
SAKE COMPETITION2017発泡清酒部門GOLD第3位を獲得した
すず音を中心にスパークリング清酒を楽しむ会を開催致します。

人気急上昇のスパークリング清酒とチルコのイタリアンとの
マリアージュをお楽しみください。

【お電話・メールでのお問合せ・お申込み】
【日本酒の会】事務局 担当:柴田 TEL011-833-1111 携帯090-9513-3456
FAX 011-833-3000
E-MAIL:info@maido-imai.co.jp

※募集人数に達した時点で終了させていただきます。

第98回 サントリー札幌モルツ倶楽部例会 7月21日(金)開催決定!

【第98回 サントリー札幌モルツ倶楽部例会】
2017年7月21日(金)開催決定!

受付開始/PM6:30 開演/PM7:00
■場所:ロイトン札幌1Fカフェトリアノン
札幌市中央区北1条西11丁目
————————————————————————————
■前売り券:4,000円(発売中!)
■当 日 券:5,000円
【要予約】
お問い合わせ・お申し込み
札幌モルツ倶楽部事務局
ご連絡お待ちしております。
㈱いまい内/担当 柴田 011-833-1111




暴走をとめるには【おやじのつぶやき】

5月28日で首相の在職日数が小泉元首相を抜き、戦後第3位となった。
一党独裁を謳歌する安倍首相だが、次から次へと”暴走”が止まらない。
23日には「共謀罪」の構成内容を変更し「テロ等準備罪」を新設する
組織犯罪処罰法改正案が衆議院本会議で採決された。
北朝鮮のミサイルや各国でのテロが起きていると守られると感じる人も多いのだろう。
だが、その内容について理解している国民はどれだけいるのだろうか。

ある街頭アンケートでは、50人中21人が「対象犯罪が277あることを知っているか」に対し
知らないが賛成・なんとなく賛成しているとのことだった。
国民への理解ができないままでも、現政権はありきで決められてきているのである。
安全保障関連法案・TPP協定・原発再稼働・秘密保護法・年金制度改革法・IR整備推進法・・
など、すべて決めた後で国民へ理解しろというのである。
これも3分の2以上の議席が確保している一党独裁の為できてしまうのだろう。

森友学園や加計学園問題に至っては、完全に封じ込めを行っている状況だから目も当てられない。
自衛隊派遣をめぐる質疑の際にも、文書の破棄を平然と行おうとしたり
現在は都合の悪い文書は存在そのものを消そうとやっきになっている。
この暴走は国民が選択した結果であるからこの先も続くのだろう。

2018年には第48回衆議院総選挙が控えている。
前回の投票率は52.66%と低かった。北海道でも56.35%だ。
私は何度も申し上げているが、投票をしないのでは自分たちの声は届くことは無い。
興味がないから・何も変わらないから・投票する人がいないからでは
何も変わらないどころか、更に悪くなる可能性があるのである。
自分たちがそれぞれ支持するところに投票することで
一党独裁でなくなれば、今の様な暴走をする前にブレーキもかけられるだろう。
今の与党はもはや全てが首相に従っている状況である。

先の共謀罪では、日本ペンクラブ、日本出版者協議会など文化人方が反対の声をあげている。
そのほか、街頭ではデモなども行われているそうだ。
それでもそのような声が届くことはない。
我々国民が政治についての声を届けられるのは選挙なのである。
有権者一人一人はもっと関心を持ち勇気ある投票を行ってほしいと願っている。
一人一人が足を運ぶことで結果は変わってくるはずである。
来年の総選挙時には今までの政治をよく踏まえて是非、投票へ足を運び
自分たちの声として投票を行ってほしい。
一党独裁が続くとどのようなことが起きるか考えてほしい。
政治の在り方を決めるのは一人一人の有権者なのである。


札幌のむりえ協会第58回特別例会 7月13日(木)開催!
~爽やかな夏に爽やかなシャンパーニュとブルゴーニュを~

第58回 札幌のむりえ協会 特別例会
今回のテーマ


≪日 時≫
2017年7月13日(木)
受付/18:00
開演/18:30

≪場 所≫
ジャルダン・ドゥ・ボヌール
札幌市中央区双子山4-1-18
TEL:011-530-0877

<≪会 費≫>
会費13,000円
※完全予約制の為、7月10日以降のキャンセルは全額ご請求させて頂きます。
キャンセルまたは、追加出席等のお申し込みは7月10日(月)の16時とさせて頂きます。

お申込み締切6月30日(金)

<≪バス送迎あり≫>


ワイン会終了後(21:30出発)
ジャルダン・ドゥ・ボヌール
 →札幌東急REIホテル17:30集合(17:40出発)
札幌東急REIホテル 
 →ジャルダン・ドゥ・ボヌールバス送迎有


何かございましたら以下までお問い合わせくださいませ。
株式会社いまい内 札幌のむりえ協会事務局 環・柴田
Tel 011-833-1111 Fax 011-833-3000
柴田携帯 090-9513-3456
Email info@maido-imai.co.jp





>>のむりえ協会のご案内はこちら






Copyright (C) IMAI CO., LTD. all rights reserved.