変わらない自民党【おやじのつぶやき】

特定秘密保護法案が自民党により衆院で”強行”可決された。
これは完全に国民を無視した行動と言っていいであろう。

特定秘密保護法とは、
国家にとって特に秘匿が必要とされる
安全保障に関する情報を「特定秘密」に指定し、
これを漏らした公務員らに罰則を科すというものだ。

安倍政権が成立を急いだのは
外国政府との秘密情報のやりとりを行う
国家安全保障会議(NSC)を
うまく稼働させる為であろうが

私はこの法案に対しては、
「秘密の範囲があまりにも曖昧ではないか?」
と指摘したい。

もちろん日本に対するスパイ行為を
罰するべき何らかの法案が必要ではあるが

原発や放射能問題は、国民が知るべきことだ。
その国家機密にあたる範囲がどこまでなのか
非常に曖昧なのである。

「国家の機密情報」と「国民の知る権利」は相反する
非常に難しい問題ではあるが、
この法案をめぐっては自民党議員たちが
右往左往している姿は非常に見ていて情けなかった。

そもそも選挙で国民と交わした約束を平気で裏切るような彼らには
政治理念という物がないのである。
だからこのような難題にぶつかると失態をさらす。

行政改革が実を結んでいると言われているが
国の機関から切り離した「独立行政法人」などでは
看板をすり替えて誤魔化してはいるが、
実体は以前と同じ官僚達の思いのままなのである。

根拠のない原発推進を繰り返す過去と変わらない自民党
TPPでは反対を押し切って交渉参加の結果、完全敗北状態。

この現状をみなさん良く考えてください。
日本の国と私たちの生活を危険な方向に向かわせていく危機感を
強く感じてください。

前回の選挙でこのような自民党に投票した
国民の皆さんには正直反省してもらいたいのです。

このような結果になったのは
自民党に投票した国民にも責任の一端はあるからです。

今後の国民のみなさんへ言いたいのは
政治に感心を持ってください。
そして常に正しい判断ができる準備をしていて欲しい
そして正しい判断をしてくれる事を期待します。





Copyright (C) IMAI CO., LTD. all rights reserved.