一刻も早い復興を【おやじのつぶやき】

この度の西日本を中心とした平成30年豪雨災害で
被災された方々、取引先の方々に、心よりお見舞い申し上げます。
また、豪雨災害でお亡くなりになられた方々、そのご家族・ご親族・関係者の方々に、
心よりお悔やみ申し上げます。
被災地の一日も早い復興を、株式会社いまい一同、心よりお祈り申し上げます。


6月28日以降、梅雨前線が停滞し、29日に台風7号が南海上に発生・北上し
日本付近に非常に湿った空気が供給され続け記録的な大雨が続き、平成史上最悪の豪雨被害となった。
人的被害は勿論、施設、ライフライン、産業、すべてが被害を受けた。
西日本の被災地ではこの先、生活の復旧の目途が見えない災害復興の長い道のりが始まっている。
北海道でも石狩川や雨竜川の一部が氾濫し農作物の被害がでているという。
各地で支援の声が上がり、募金や物資の動きが災害後すぐ動き出していた。

そんな中、各方面から避難がされている通り。首相の認識の甘さが露わになっている。
7月5日豪雨のさなか、党の懇親会で酒宴を行っていたという。
9日の会見で竹下氏は「どのような批判もお受けする。
これだけすごい災害になるという予想は持っていなかった」
と釈明をしたがそれだけ気楽な対応でしているということではないだろうか。
議席数を持ち、支持率が落ちていないからという甘え以外の何物ではないのではないだろうか。

その後の対応にも唖然とする。
先の初動の遅れを否定し「政府一丸となって災害発生以来、全力で取り組んできた」と発表。
官僚・関係部署・お抱えのマスコミ・ネットを使い、彼らの忖度でいくらでもごまかせると思いきってるのか
被災者、国民をここまで軽視しているのは怒りすら覚える。
行方不明者の安否、被災者の方々の一刻も早いライフラインの確保、土砂等の復興
現地で復興作業をする自衛隊や消防の方への支援と的確な判断と措置を行ってほしいものである。

私は再三申し上げているが、このような危機感のない政権となったのは
一党独裁が続いた結果ではないだろうか。
都合の悪いことは忖度によって、都合の良い報告に変えられ
国民には政権の都合の良いことだけが伝わっていくのだろう。

今一度申し上げる。
2019年には参議院選挙が控えている。
その間に日本はどのようになるのかは、有権者次第なのである。
安倍首相が今回の結果を受け、どのように捉えるのか。
一党独裁が続くとどのようなことが起きるか考えてほしい。
あの時、投票しなかったからと言っても手遅れだ。
国民の声を届けるのは選挙しかないのである。
有権者一人一人はもっと関心を持ち勇気ある投票を行ってほしいと願っている。
一人一人が足を運ぶことで結果は変わってくるはずである。
政治の在り方を決めるのは一人一人の有権者なのである。


横行覇道政権【おやじのつぶやき】

先の衆議院選挙前では、あれだけ家計・森友学園問題は説明は完了した。
としていたが、学園問題は次から次へと改ざんされた文章が発見され、つじつまが合わない答弁を続け
ついには「何の問題もない。」「私の指示があったなら示してほしい」
と開き直っているともとれる言動が続いている。

セクハラ問題でも同じように、一党独裁だから強気なのか
副首相は強気な物言いを崩さない。議員がこの様では、この先もこの国は女性軽視は無くならないだろう。

官僚は首相を守ろうと「忖度」した結果が、つじつまが合わないような
答弁につながったのだろう。
まさに、一党独裁が続いた結果が官僚が忖度し
都合の悪いことは忖度によって、都合の良い報告に変えられ
国民には政権の都合の良いことだけが伝わっていくのだろう。
これが長く続けば続くほど、いずれ報道期間も忖度をし
一党独裁を批判しようものなら、非国民発言のような
戦前のような世論形成になっていくのではないだろうか。

今一度申し上げる。
2019年には参議院選挙が控えている。
その間に日本はどのようになるのかは、有権者次第なのである。
安倍首相が今回の結果を受け、どのように捉えるのか。
一党独裁が続くとどのようなことが起きるか考えてほしい。
あの時、投票しなかったからと言っても手遅れだ。
国民の声を届けるのは選挙しかないのである。
有権者一人一人はもっと関心を持ち勇気ある投票を行ってほしいと願っている。
一人一人が足を運ぶことで結果は変わってくるはずである。
政治の在り方を決めるのは一人一人の有権者なのである。


独裁政治の行く末【おやじのつぶやき】

先の衆議院選挙では、自民党政権は3分の2以上を上回る議席を獲得し勝利はした。
議席数では勝利していたが、野党の票が割れていなければどうなったかと思うと残念である。

選挙前では家計・森友学園問題は説明は完了した。
としていたが、連日国会やニュースで取り上げられている通り
学園問題は次から次へと改ざんされた文章が発見され、荒れている。
説明は完了などしていなかったのである。
一党独裁が続くとこのような「忖度」は発生し続けることだろう。
都合の悪いことは忖度によって、都合の良い報告に変えられ
国民には政権の都合の良いことだけが伝わっていく。
野党の数が少なければ、独裁の数によって押しつぶされることだろう。
独裁が続けば、官僚のみならず民間企業や国民もいずれ逆らえなくなっていくことだろう。
そうなれば戦前に逆戻りなのである。

この問題が無ければ、一党独裁である今国会は決めたいことを決めていったかもしれない。
そうなる可能性があるのが一党独裁なのである。
先の衆議院選挙では、投票率は53.68%であったとのことだ。
これは過去最低の前回に次ぐ数字である。
何も変わらないからといって選挙へ行かないのでは、何も変わらないどころか
自身の生活が変化することとなる可能性もあるのである。
政治に自分たちの声を届けるのは選挙なのである。
支持するところがない、自分には関係ないでは済まされないのである。

2019年には参議院選挙が控えている。
その間に日本はどのようになるのか、選んだのは有権者である。
安倍首相が今回の結果を受け、どのように捉えるのか。
一党独裁が続くとどのようなことが起きるか考えてほしい。
あの時、投票しなかったからと言っても手遅れだ。
国民の声を届けるのは選挙しかないのである。
有権者一人一人はもっと関心を持ち勇気ある投票を行ってほしいと願っている。
一人一人が足を運ぶことで結果は変わってくるはずである。
政治の在り方を決めるのは一人一人の有権者なのである。


岩見沢のむりえ協会第4回例会 11月20日(月)開催!
ボジョレー&世界のワインを集めた飲み比べ!

岩見沢のむりえ協会も第4回を迎えます。
札幌から20~30名集いましたらバスの送迎もできます。
私、今井功も参加したいと思っておりますので
皆様是非お誘いあわせの上、参りましょう!
第4回 岩見沢のむりえ協会 例会
今回のテーマ

ボジョレー&世界ワインを集めた飲み比べ!


≪日 時≫
2017年11月20日(月)
受付/18:30
開演/19:00

≪場 所≫
岩見沢 平安閣
岩見沢市5条東2丁目

<≪服 装≫>
会員の皆様は是非、会員バッチ着用をお願いいたします。

<≪会 費≫>
会員5,000円/ビジター7,000円
※キャンセルは3日前まで受け付け、それ以降はキャンセル料金を申し受けます。ご了承ください。

※札幌からのお申込みが20~30名を超えますと、バスでの送迎もあります。
集合場所・時間などは参加者に追ってご説明致します。

お問い合わせ先
株式会社いまい内 札幌のむりえ協会事務局 柴田
Tel 011-833-1111 Fax 011-833-3000
柴田携帯 090-9513-3456
Email info@maido-imai.co.jp





バス送迎集合場所
17:30集合(17:40出発)
集合場所:札幌東急REIホテル

>>のむりえ協会のご案内はこちら


謙虚を信じたい選挙結果【おやじのつぶやき】

第48回衆議院選挙の結果が発表された。
やはりかと思う一方、躍進した野党も見られた。
票はやはり割れ、北海道でもそれは見られた。
2区、4区、9区、12区は票が割れ、自民党が勝利する結果となった。
もし、票が割れずに野党側に票が集まったとすれば
2区4区9区は自民党の票を上回る票数であった。
また、一騎打ちとなった1区、3区、6区、8区、11区では、立憲民主党が勝利を収めていた。
それだけ道民が独裁政治にNOという意識を持っているということだ。
この流れは、全国でもそのような流れは見えた。

投票率をみると、過去最低の前回に次ぐ投票率で53.68%になったとのことだ。
北海道は前回より増え、60.3%(前回56.35%)となり、
全国平均よりも約7%上と、道民の関心が高かったともいえる。

この結果を受け、安倍政権はどう見るのだろうか。
安倍政権は議席数だけを見て勝利した、国民が選択したなどと安易に捉えず
記者会見で述べたように、謙虚にその結果を受け止めてほしいと願っている。
私が危惧することが現実とならないことを祈るばかりで
家計・森友学園問題は説明は完了した。とされ
選挙戦では公約や演説では行わなかった改憲を国民が選択した。と改憲押し進める。
その様に、決めたいことを決めていくようでは結局、選挙前と変わらないのである。

投票率が前回より高かったとはいえ、それでも約半数の有権者が選挙へ行っていない現実がある。
総務省によると、選挙運動法定費用額は71億にも及ぶ。
その費用は税金である。
その税金を使って選挙が行われている。
有権者一人一人の税金である。
投票をしなかった半数の有権者の方々にも行かない理由もあるのだろうが、よく考えてほしい。
何も変わらないからといって選挙へ行かないのでは、何も変わらないどころか
自身の生活が変化することとなる可能性もあるのである。
政治に自分たちの声を届けるのは選挙なのである。

2019年には参議院選挙が控えている。
その間に日本はどのようになるのか、選んだのは有権者である。
安倍首相が今回の結果を受け、どのように捉えるのか。
一党独裁が続くとどのようなことが起きるか考えてほしい。
あの時、投票しなかったからと言っても手遅れだ。
国民の声を届けるのは選挙しかないのである。
有権者一人一人はもっと関心を持ち勇気ある投票を行ってほしいと願っている。
一人一人が足を運ぶことで結果は変わってくるはずである。
政治の在り方を決めるのは一人一人の有権者なのである。


Copyright (C) IMAI CO., LTD. all rights reserved.