2019年亥年選挙【おやじのつぶやき】

2019年は12年に一度といわれる統一地方選挙と参議院選挙が重なる年だ。
参議院選挙の前哨戦ともいえる地方選挙が各地で始まろうとしている。
有権者一人一人はもっと関心を持ち勇気ある投票を行ってほしいと願っている。

2019年になってからも現政権は数の圧力で押し進め誤魔化し続けている。
年始から厚生労働省による勤労統計の不正が発覚したが
アベノミクスの結果だ、として名目賃金は昨年6月には前年同月比3.3%増加
としていたが、2.8%増加に修正された。
しかしながら、その数値すら忖度の上の数値であれば疑わしいものである。
名目賃金だけでなく小売物価統計調査など他の統計でも不正が明るみに出ており、問題をさらに複雑にしている。
国家の基盤となるべき統計部分が揺らいでいる状況であり、
現政権に忖度だけをするのではなく、今一度基本を振り返り
正確な運営を望むばかりである。

前回の参議院選挙で、首相はこう公約を述べ勝利につなげている。
「この国を、守り抜く」をスローガンに掲げ
「北朝鮮の脅威から、国民を守り抜きます」
「アベノミクスの加速で、景気回復・デフレ脱却を実現します」
「消費税10%の税収分を見直し全世代型社会保障にする」
など大きな公約を述べたが、実際はどうだろうか。
北朝鮮の核はアメリカ任せで何も進まず
アベノミクスは統計操作で景気が回復したように見せかけ
増税はポイント還元や軽減税率などで複雑化させ、
新たな利権団体ができるのではとも言われている。

復興に関しても嘘だらけで
福島県について〈国が前面に立って中長期的、計画的な見通しのもとに支援を継続し、
避難しておられる方々が安心して帰還できるよう取り組みます〉
などど言っているが、家賃補助を打ち切ることで
いまだに処分がされていない除染残置物が残されている地に帰還を促すだけのものだ。

都合の悪いものには論点を外し、
自信の主張を一方的に延べるやり方は相変わらずだ。
首相は政権運営について、「謙虚で丁寧な政権運営」を強調したが
綺麗な言葉を並べて国民を欺きつつ
都合の悪いことは忖度によって都合の良い報告に変えられ
国民には政権の都合の良いことだけが伝わっていくやり方を今後も続けるのだろう。

今年はいよいよ参議院選挙が控えている。
その前の統一地方選挙も始まる選挙イヤーといえるだろう。
参議院に関しては任期も長く、大事な選挙といえるだろう。

この後数年間で日本はどのようになるのかは、有権者次第なのである。
一党独裁が続くとどのようなことが起きるか考えてほしい。
あの時、投票しなかったからと言っても手遅れだ。
投票に値する人がいない、だれでもいいと言っていては何も変わらないのである。
変わらないどころか知らぬ間に、自身に負担が増になりかねないのである。
国民の声を届けるのは選挙しかない。
私は再三申し上げているが、国民が政治に興味が無いからと言って
選挙へ行かないようでは、自信の声は何も届かないのである。
有権者一人一人はもっと関心を持ち勇気ある投票を行ってほしいと願っている。
一人一人が足を運ぶことで結果は変わってくるはずである。
政治の在り方を決めるのは一人一人の有権者なのである。


鼎の軽重を問うべき時【おやじのつぶやき】

国会は首相の所信表明演説に対する代表質問に入った。
消費税増税や外国人労働者受け入れ拡大に向けた入管難民法改正案などについて
野党から論戦が始まっている。
国の行く末を大きく左右する事項であるが故に、
慎重な議論と決定を行ってほしいと願っている。

しかし、都合の悪いものには論点を外し、
自信の主張を一方的に延べるやり方は相変わらずだ。
所信表明では「長さゆえの慢心ではないか、国民の懸念にもしっかりと向き合っていく」
と述べたにも関わらずだ。
9月末の日米交渉の合意では、FTA交渉をTAG交渉と言い換えたような形で
国民を欺くようなやり方を進めている。
ニュースなどで略して見る機会がある日本では違うものというイメージにもなりかねるが
FTA= Free Trade Agreement
TAG= Trade Agreement on Goods
とTAGは貿易協定を物品に限定するという内容で、
「サービス全般の自由化や幅広いルールまで盛り込むことは想定していない」
としているが、今まで重要なところを誤魔化し続けてきた首相の言葉は
とても信じられるものではない。

驚愕せざるを得ないのは、国民には消費税増税を迫っていながら
今年7月に可決された参議院の定数は6議席増やすことに野党からの答弁について、
「既に各党各会派による検討がなされ、結論が出された」とし
自民公明の数の力でゴリ押しした結果は変えない見込みだ。

首相は政権運営について、「謙虚で丁寧な政権運営」を強調したが
綺麗な言葉を並べて国民を欺きつつ
都合の悪いことは忖度によって都合の良い報告に変えられ
国民には政権の都合の良いことだけが伝わっていくやり方を今後も続けるのだろう。

2019年には参議院選挙が控えている。
その間に日本はどのようになるのかは、有権者次第なのである。
安倍首相が今回の結果を受け、どのように捉えるのか。
一党独裁が続くとどのようなことが起きるか考えてほしい。
あの時、投票しなかったからと言っても手遅れだ。
国民の声を届けるのは選挙しかないのである。
私は再三申し上げているが、国民が政治に興味が無いからと言って
選挙へ行かないようでは、自信の声は何も届かないのである。
選挙で国民が政権の鼎の軽重を問わずして、いつ問うというのか。
有権者一人一人はもっと関心を持ち勇気ある投票を行ってほしいと願っている。
一人一人が足を運ぶことで結果は変わってくるはずである。
政治の在り方を決めるのは一人一人の有権者なのである。


一刻も早い復興を【おやじのつぶやき】

この度の西日本を中心とした平成30年豪雨災害で
被災された方々、取引先の方々に、心よりお見舞い申し上げます。
また、豪雨災害でお亡くなりになられた方々、そのご家族・ご親族・関係者の方々に、
心よりお悔やみ申し上げます。
被災地の一日も早い復興を、株式会社いまい一同、心よりお祈り申し上げます。


6月28日以降、梅雨前線が停滞し、29日に台風7号が南海上に発生・北上し
日本付近に非常に湿った空気が供給され続け記録的な大雨が続き、平成史上最悪の豪雨被害となった。
人的被害は勿論、施設、ライフライン、産業、すべてが被害を受けた。
西日本の被災地ではこの先、生活の復旧の目途が見えない災害復興の長い道のりが始まっている。
北海道でも石狩川や雨竜川の一部が氾濫し農作物の被害がでているという。
各地で支援の声が上がり、募金や物資の動きが災害後すぐ動き出していた。

そんな中、各方面から避難がされている通り。首相の認識の甘さが露わになっている。
7月5日豪雨のさなか、党の懇親会で酒宴を行っていたという。
9日の会見で竹下氏は「どのような批判もお受けする。
これだけすごい災害になるという予想は持っていなかった」
と釈明をしたがそれだけ気楽な対応でしているということではないだろうか。
議席数を持ち、支持率が落ちていないからという甘え以外の何物ではないのではないだろうか。

その後の対応にも唖然とする。
先の初動の遅れを否定し「政府一丸となって災害発生以来、全力で取り組んできた」と発表。
官僚・関係部署・お抱えのマスコミ・ネットを使い、彼らの忖度でいくらでもごまかせると思いきってるのか
被災者、国民をここまで軽視しているのは怒りすら覚える。
行方不明者の安否、被災者の方々の一刻も早いライフラインの確保、土砂等の復興
現地で復興作業をする自衛隊や消防の方への支援と的確な判断と措置を行ってほしいものである。

私は再三申し上げているが、このような危機感のない政権となったのは
一党独裁が続いた結果ではないだろうか。
都合の悪いことは忖度によって、都合の良い報告に変えられ
国民には政権の都合の良いことだけが伝わっていくのだろう。

今一度申し上げる。
2019年には参議院選挙が控えている。
その間に日本はどのようになるのかは、有権者次第なのである。
安倍首相が今回の結果を受け、どのように捉えるのか。
一党独裁が続くとどのようなことが起きるか考えてほしい。
あの時、投票しなかったからと言っても手遅れだ。
国民の声を届けるのは選挙しかないのである。
有権者一人一人はもっと関心を持ち勇気ある投票を行ってほしいと願っている。
一人一人が足を運ぶことで結果は変わってくるはずである。
政治の在り方を決めるのは一人一人の有権者なのである。


横行覇道政権【おやじのつぶやき】

先の衆議院選挙前では、あれだけ家計・森友学園問題は説明は完了した。
としていたが、学園問題は次から次へと改ざんされた文章が発見され、つじつまが合わない答弁を続け
ついには「何の問題もない。」「私の指示があったなら示してほしい」
と開き直っているともとれる言動が続いている。

セクハラ問題でも同じように、一党独裁だから強気なのか
副首相は強気な物言いを崩さない。議員がこの様では、この先もこの国は女性軽視は無くならないだろう。

官僚は首相を守ろうと「忖度」した結果が、つじつまが合わないような
答弁につながったのだろう。
まさに、一党独裁が続いた結果が官僚が忖度し
都合の悪いことは忖度によって、都合の良い報告に変えられ
国民には政権の都合の良いことだけが伝わっていくのだろう。
これが長く続けば続くほど、いずれ報道期間も忖度をし
一党独裁を批判しようものなら、非国民発言のような
戦前のような世論形成になっていくのではないだろうか。

今一度申し上げる。
2019年には参議院選挙が控えている。
その間に日本はどのようになるのかは、有権者次第なのである。
安倍首相が今回の結果を受け、どのように捉えるのか。
一党独裁が続くとどのようなことが起きるか考えてほしい。
あの時、投票しなかったからと言っても手遅れだ。
国民の声を届けるのは選挙しかないのである。
有権者一人一人はもっと関心を持ち勇気ある投票を行ってほしいと願っている。
一人一人が足を運ぶことで結果は変わってくるはずである。
政治の在り方を決めるのは一人一人の有権者なのである。


独裁政治の行く末【おやじのつぶやき】

先の衆議院選挙では、自民党政権は3分の2以上を上回る議席を獲得し勝利はした。
議席数では勝利していたが、野党の票が割れていなければどうなったかと思うと残念である。

選挙前では家計・森友学園問題は説明は完了した。
としていたが、連日国会やニュースで取り上げられている通り
学園問題は次から次へと改ざんされた文章が発見され、荒れている。
説明は完了などしていなかったのである。
一党独裁が続くとこのような「忖度」は発生し続けることだろう。
都合の悪いことは忖度によって、都合の良い報告に変えられ
国民には政権の都合の良いことだけが伝わっていく。
野党の数が少なければ、独裁の数によって押しつぶされることだろう。
独裁が続けば、官僚のみならず民間企業や国民もいずれ逆らえなくなっていくことだろう。
そうなれば戦前に逆戻りなのである。

この問題が無ければ、一党独裁である今国会は決めたいことを決めていったかもしれない。
そうなる可能性があるのが一党独裁なのである。
先の衆議院選挙では、投票率は53.68%であったとのことだ。
これは過去最低の前回に次ぐ数字である。
何も変わらないからといって選挙へ行かないのでは、何も変わらないどころか
自身の生活が変化することとなる可能性もあるのである。
政治に自分たちの声を届けるのは選挙なのである。
支持するところがない、自分には関係ないでは済まされないのである。

2019年には参議院選挙が控えている。
その間に日本はどのようになるのか、選んだのは有権者である。
安倍首相が今回の結果を受け、どのように捉えるのか。
一党独裁が続くとどのようなことが起きるか考えてほしい。
あの時、投票しなかったからと言っても手遅れだ。
国民の声を届けるのは選挙しかないのである。
有権者一人一人はもっと関心を持ち勇気ある投票を行ってほしいと願っている。
一人一人が足を運ぶことで結果は変わってくるはずである。
政治の在り方を決めるのは一人一人の有権者なのである。


Copyright (C) IMAI CO., LTD. all rights reserved.